著名人から間近で教わるチャンス

著名人から間近で教わるチャンス

メインキャストのような芸能プロダクションに所属していて良かったと思うのは、それぞれの分野で実績のある方から、直接教えていただける機会があることです。

メインキャストでは、映画監督やプロデューサーによるワークショップや面談・講義を開催することもあるので、普段の頑張りを認めてもらえるという幸運もあるかもしれません。

ワークショップは色んな出会い・新しい人間関係をもたらしてくれる貴重な場ですね。

映画監督にはそれぞれに、演技指導をする場合の考え方や方法があり、それを直に経験していくことが役者として成長したいなら絶対に必要です。

映画監督のワークショップに参加する場合は、その監督の映画を一つは観てから参加するといいでしょう。

そうすれば、撮影の現場で実際に起こっていることが作品になったときどう反映されているか分かって、ためになります。

撮影の現場で俳優は、作り物のセットのなか、カメラの前で大勢のスタッフに取り囲まれながら、観ている側には微塵もそれを意識させてはいけないという、大変な力量が要求されています。

所属タレントが活躍する場

メインキャストのホームページを見ると、所属のタレントさんが活躍している様子がうかがえます。

タレントの知名度をアップさせるのは、なんと言ってもテレビ番組やCMへの出演でしょう。

出演実績のあるテレビ番組は、事務所のホームページで紹介されている分だけでも150番組は越えているし、CMも大手企業のものに色々出演しているんですね。

映画への出演も多そうです。

札幌の「すすきの」を舞台にした話題の映画などもリストに上がっていて、私の大好きな映画なので目にとまりました。

舞台を目指している私としては、メインキャストのタレントさんが沢山の舞台やミュージカルに出演している事に注目しています。

メインキャストの紹介

テレビや映画に出演したほうが「ブレイク」という状態にはなりやすく、舞台やミュージカルの場合は会場に足を運ぶ舞台ファンの間で主に支持される、という感じです。

でも、実績も実力もある大勢の俳優さんが舞台で活躍していて、俳優業の醍醐味は舞台にあり、とも言えますね。

あと、ミュージシャンが自主製作版をリリースしたりライブをやったりしています。